不倫がバレてしまったあなたへ

「不倫相手の妻に、不倫がバレて、内容証明が届いた」

「不倫相手の夫から裁判を起こされた」

 

「ゲス不倫」という言葉がすっかり有名になりましたが、不倫は、倫理上許されないというだけでなく、法律上、相手方の配偶者に対して、金銭的な損害賠償責任が発生するものです。

 

逆に言うと、

不倫がバレてしまったからといって、何でもしないといけないというわけではありません。

不倫相手の夫が土下座をしろと言ってきたからといって土下座する必要などありません。

 

不倫がバレてしまった場合、相手方の妻や夫から内容証明郵便が届くことがあります。

この内容証明郵便では、たとえば「500万円を2週間以内に振り込んでください」などと書かれているケースがほとんどです。

では、この500万円払わないといけないのでしょうか?

また、内容証明郵便では、「お支払いいただけない場合、法的手段に」などとお疲れ様です。おどろおどろしい感じで書かれていますが、「法的手段」に進んだ場合、あなたにとってのデメリットはなんでしょうか?

 

このようなことについて、ネットで調べれば済むのでしょうか?

ネットは便利なものですが、情報は玉石混交。

法律問題のプロである弁護士が読むと、めちゃくちゃなことが書かれているサイトもたくさんあります。

このため、不倫慰謝料を請求される立場になってしまったあなたがすることは、ネットで調べて混乱を深めることではありません。

法律問題の専門家である弁護士にまずご相談することが大切です。

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、▼内容証明郵便が届いた方、▼裁判を起こされてしまった方を対象に、ご相談・ご依頼を受け付けておりますので、まずはご相談のご予約から始めてください。

不倫慰謝料の相談予約

 名古屋駅の弁護士受付.jpg
 

不倫慰謝料の請求をお考えの方、不倫慰謝料の請求を受けてしまった方。
答えはネットでは見つかりません。
名古屋駅の弁護士・不倫慰謝料の法律相談で、あなたの事情に合わせたアドバイスを聞いてみてください。

 
 不倫慰謝料の法律相談:名古屋駅の弁護士
名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

※現在業務多忙のため、新規のご相談は見合わせております。
お電話を頂きましてもご予約をお取りできませんので、ご了承ください。


■法律相談日時予約専用電話

※電話での相談は行っていません
※新規のご相談は見合わせています

052-533-3555
予約電話受付時間 :平日のみ10:00〜16:00

※上記電話番号は、ご予約専用電話です。
電話でのご相談は、一切受け付けておりません。
※事案の内容によっては、ご相談・ご依頼をお受けしかねますので、予めご了承ください。


 

▲このページのトップに戻る