不倫慰謝料とは?


「不倫慰謝料」というと、みなさん、どのようなものを思い浮かべますか?


この「不倫慰謝料」というのは、自分の夫や妻が不貞行為を働いた場合、その配偶者と不倫相手に対して、精神的な苦痛を理由として請求する慰謝料のことです。

たとえば、自分の妻が他の男と不倫をした場合、不倫をした妻と相手の男に対して慰謝料を請求できるということです。

この不倫慰謝料を、妻子ある男性が交際していた女性に渡す、いわゆる「手切れ金」のことと勘違いしている方がたまにいらっしゃいますので、注意が必要です。

 

不倫慰謝料を請求する根拠となる条文は、以下の2つです。

  1. 民法709条 「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」
  2. 民法710条 「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。」

最高裁判所の判例でも、不貞行為の相手方に対して、不倫慰謝料請求が認められています(最高裁判所昭和54年3月30日判決など)。

 

不倫相手に対して刑事上の罰を与えることはできませんが、民事上の請求(慰謝料の請求)は可能なのです。

ここで注意して頂きたいのが、法律上の請求は、あくまでも金銭、つまりお金の支払いに限られているということです。

「不倫相手に謝って欲しい」とか「不倫相手に土下座させたい」とか「不倫相手を殴りたい」などということは、法律によって実現できません。

逆に、無理に土下座をさせた場合は強要罪(刑法223条)、不倫相手を殴ってケガをさせた場合は傷害罪(刑法204条)、殴らなくても危害を加えることを伝えた場合には脅迫罪(刑法222条)に問われる可能性がありますので、怒りで頭に血が上ったからといって、法律上認められない要求を相手方にしないように注して下さい。

「不倫をしたんだから何をしても良い」などと言うわけではありません。

あくまでも、民法上の慰謝料という金銭の請求ができるということです。

不倫慰謝料の金額は?

不倫慰謝料請求の裁判で判決まで行った場合、どのような点が金額を決める要素となるのでしょうか?

 

これまでの裁判例では、以下のような点が金額を決めるうえでの要素となっています。

  • 不倫関係の期間
  • 不倫関係の具体的な内容
  • 婚姻関係への影響(離婚まで至ったか否か)
  • 不倫関係発覚後の事情
  • 婚姻関係の長さや子どもの有無
  • 不倫関係に積極的だったか否か
  • ことさら婚姻関係を壊そうと思っていたか否か

 

慰謝料というのか何か数式に当てはめて計算されるものではありません。

最終的には裁判官が判断するものです。

これまでの裁判例では50万円ほどから200万円ほどの範囲に収まるケースが多くみられますが、実際にみなさんのケースでいくらになるかというのは、事情によって異なってきます。

つまりご本人のケースでいくらくらいになるかというのは、インターネットでいくら検索してもわかることはありません。

まずは法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

不倫慰謝料の相談予約

 名古屋駅の弁護士受付.jpg
 

不倫慰謝料の請求をお考えの方、不倫慰謝料の請求を受けてしまった方。
答えはネットでは見つかりません。
名古屋駅の弁護士・不倫慰謝料の法律相談で、あなたの事情に合わせたアドバイスを聞いてみてください。

 ※現在、業務多忙のため、新規のご相談・ご依頼を見合わせております。
大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

 
 不倫慰謝料の法律相談:名古屋駅の弁護士
名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所
■法律相談日時予約専用電話

※電話での相談は行っていません
052-533-3555
予約電話受付時間 :平日のみ10:00〜17:00

※現在、業務多忙のため、新規の御相談を見合わせております

※上記電話番号は、ご予約専用電話です。
電話でのご相談は、一切受け付けておりません。
※事案の内容によっては、ご相談・ご依頼をお受けしかねますので、予めご了承ください。


 

▲このページのトップに戻る