不倫がバレてしまったあなたへ

「不倫相手の妻に、不倫がバレて、内容証明が届いた」

「不倫相手の夫から裁判を起こされた」

 

「ゲス不倫」という言葉がすっかり有名になりましたが、不倫は、倫理上許されないというだけでなく、法律上、相手方の配偶者に対して、金銭的な損害賠償責任が発生するものです。

 

逆に言うと、

不倫がバレてしまったからといって、何でもしないといけないというわけではありません。

不倫相手の夫が土下座をしろと言ってきたからといって土下座する必要などありません。

 

不倫がバレてしまった場合、相手方の妻や夫から内容証明郵便が届くことがあります。

この内容証明郵便では、たとえば「500万円を2週間以内に振り込んでください」などと書かれているケースがほとんどです。

では、この500万円払わないといけないのでしょうか?

また、内容証明郵便では、「お支払いいただけない場合、法的手段に」などとお疲れ様です。おどろおどろしい感じで書かれていますが、「法的手段」に進んだ場合、あなたにとってのデメリットはなんでしょうか?

 

このようなことについて、ネットで調べれば済むのでしょうか?

ネットは便利なものですが、情報は玉石混交。

法律問題のプロである弁護士が読むと、めちゃくちゃなことが書かれているサイトもたくさんあります。

このため、不倫慰謝料を請求される立場になってしまったあなたがすることは、ネットで調べて混乱を深めることではありません。

法律問題の専門家である弁護士にまずご相談することが大切です。

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、▼内容証明郵便が届いた方、▼裁判を起こされてしまった方を対象に、ご相談・ご依頼を受け付けておりますので、まずはご相談のご予約から始めてください。

不倫慰謝料を請求される側の場合

 

不倫慰謝料を請求される側の場合、以下の点について検討する必要があります。

 

不倫の事実関係は間違いないのか

そもそも不倫の事実があれば、もちろんウソはいけません。

当事務所では、「不倫したけど、していないと主張したい」という方のご相談・御依頼は一切受け付けておりません。

ただ、不倫に至った経緯や不倫の事実関係について、相手方が事実と異なる主張をしてくる可能性もありますので、事実関係に誤りがないのかについて、きちんと確認する必要があります。

 

どのような証拠を握られているのか

不倫慰謝料を請求する側がどのような証拠を持っているかによって、請求される側の対応も異なってきます。

たとえば、メールやLINEのやりとりを見られたとか、写真のデータをもっているなど、請求する側の方がどのような証拠をもっているのかによって対応が異なります。

 

請求される側の言い分として何があるか

たとえば、独身と騙されて、あなたに落ち度が無かった場合には、慰謝料の金額が減額される可能性がありますし、請求する側の夫婦関係が既に別居から何年も経っていて破綻しているような状態の場合は、慰謝料を払わなくてよくなる可能性もあります。

御相談時に弁護士が詳しく事情をお伺いする事で、請求される側の言い分についてもきちんと主張していくことが大切です。

 

金額的にはいくら支払うべきなのか

不倫慰謝料としていくらくらい支払う必要があるのかというのが最も気になる点だと思います。

不倫交際の期間や相手方の婚姻期間などにより異なってきます。

 

どのように解決して支払うのか 

裁判になる前に示談交渉で話をまとめるのか、それとも裁判を受けて立って、自分の主張を裁判でひと通り行うのか、ご本人のお考えを第一に、弁護士から適切なアドバイスを差し上げます。

不倫慰謝料を請求される側の場合、一般的に以上の点が問題となります。

 

不倫慰謝料を請求された側の場合についても、個別具体的な事案に応じた対応が必要です。

不倫慰謝料の経験豊富な弁護士が適切なアドバイスを差し上げます。

不倫慰謝料を請求される場合のフローチャート

慰謝料を請求される

交際相手の配偶者から電話やメール・LINEによる連絡があるケースが一般的です。

突然自宅に内容証明郵便が届いたり、裁判所から訴状が届くケースもございます。

不倫慰謝料の法律相談

当事務所では、内容証明が届いたり、訴状が届いた方のみご相談の対象です。

将来的に慰謝料を請求されるかも、という段階ではご相談は受け付けておりません。

 

相手方と直接交渉をする前に、法律相談をお勧めします。

逆に相手方と直接交渉を済ませてしまった件は、案件によっては当事務所ではご依頼頂けません。

法律相談の際に、こちらとして主張すべき点はないかなどをお聞きします。

弁護士への依頼

弁護士に不倫慰謝料の交渉・裁判を御依頼頂く場合には、委任契約書の取り交わしなどを行います。

相手方との交渉

不倫慰謝料を支払う必要が無い場合にはその主張をします。

また、金額面について交渉が必要であれば、交渉を行います。

弁護士に御依頼頂く場合には、いずれも弁護士が行いますので、ご本人がやりとりする必要はありません。

裁判

交渉が決裂した場合には、相手方に裁判を提起されます。

裁判上で、慰謝料を請求される側として主張できる点を主張していきます。

原則的にはご本人に裁判所にお越し頂く必要はありません。

例外的に、裁判所でご本人の話を裁判官が直接聞く尋問手続きや裁判所から和解が提案される和解期日の際には、ご本人に裁判所にお越し頂く必要もあります。

裁判の終了

裁判の途中で和解が成立する場合や判決まで行く場合など様々です。

最初の裁判所で判決まで行っても、どちらかが不満な場合は、控訴という不服申立をして、次の裁判所、控訴審で裁判が続きます。

不倫慰謝料の支払い

裁判の結果を踏まえた慰謝料の支払いを行います。

慰謝料を支払う必要がないケースであれば支払いの必要はありません。

案件終了

 

不倫慰謝料の相談予約

 名古屋駅の弁護士受付.jpg
 

不倫慰謝料の請求をお考えの方、不倫慰謝料の請求を受けてしまった方。
答えはネットでは見つかりません。
名古屋駅の弁護士・不倫慰謝料の法律相談で、あなたの事情に合わせたアドバイスを聞いてみてください。

 
 不倫慰謝料の法律相談:名古屋駅の弁護士
名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所
■法律相談日時予約専用電話

※電話での相談は行っていません
052-533-3555
予約電話受付時間 :平日のみ10:00〜17:00

※上記電話番号は、ご予約専用電話です。
電話でのご相談は、一切受け付けておりません。
※事案の内容によっては、ご相談・ご依頼をお受けしかねますので、予めご了承ください。


 

▲このページのトップに戻る